保育士直前講座

【2020年度:保育士試験直前講座】浜松で受講できます/ジョブアシストカレッジ

ジョブアシストカレッジ編集部
ジョブアシストカレッジ編集部
こんにちは、ジョブアシストカレッジ編集部です。

この記事では、保育士試験直前講座についてご紹介します。

ジョブアシストカレッジでは、保育士試験直前講座を開催します。

保育士を目指している方。

保育士試験合格を目指して、一緒にがんばりましょう。

保育士試験直前講座【日程】
現在、募集受付はしておりません。
保育士試験直前講座【受講料】
受講料 1科目につき5,000円

*ただし卒業生は1科目につき4,000円となります。

保育士試験直前講座【応募先】
Tel 053-489-9191
担当 保育士試験直前講座 担当係
応募先 直前講座の応募はこちら→

保育士試験【受験資格】

ジョブアシストカレッジ編集部
ジョブアシストカレッジ編集部
保育士試験は、一定の要件を満たしていないと受けることができません。

保育士試験の受験資格は、以下のようになります。 

記は一部抜粋して表記しています。(2020年1月7日現在)
詳しくは保育士試験事務センターへ問い合わせてください。

  • 幼稚園教諭免許状所有者
  • 大学(学部・学科不問、別科不可)卒業した者
  • 短期大学
  • 専修(専門)学校(学問不可・修業年限2年以上)
  • 各種学校(学科不問・修業年限2年以上)
  • 専修学校高等課程(修業年限3年以上)
  • 高等専門学校
  • 高等学校専攻科(修業年限2年以上)
  • 中等教育学校後期課程専攻科(修業年限2年以上)
  • 特別支援学校専攻科(修業年限2年以上)
  • 高等学校卒業
  • 高等学校卒業+勤務経験
  • 勤務経験

幼稚園教諭免許状所有者

  1. 幼稚園教諭免許状を大学(大学院)を卒業(修了)して取得した者
  2. 幼稚園教諭免許状を短期大学・専修学校等を卒業して取得した者

大学(学部・学科不問、別科不可)卒業した者

  1. 大学院在学中もしくは修了した者
  2. 満2年以上在学かつ62単位以上修得済の者
    *大学卒業が見込まれる者・中退者も含む
  3. 現在在学中で、令和3年3月までに在学2年以上かつ62単位以上修得が見込まれる者

短期大学

  1. 卒業した者
  2. 現在在学中で、令和3年3月までに卒業が見込まれる者
  3. 短期大学専攻科在学もしくは修了した者

専修(専門)学校(学科不問)(修業年限2年以上)

  1. 専修学校の専門課程を卒業した者
  2. 専修学校の専門課程に現在在学中で、令和3年3月までに卒業が見込まれる者

各種学校(学科不問・修業年限2年以上)

  1. 各種学校を卒業した者
  2. 各種学校に現在在学中で、令和3年3月までに卒業が見込まれる者

専修学校高等課程(修業年限3年以上)

  1. 平成3年3月31日以前に専修学校の高等課程を卒業した者

高等専門学校

  1. 卒業した者
  2. 現在、在学中で令和3年3月までに卒業が見込まれる者

高等学校専攻科(修業年限2年以上)

  1. 卒業した者
  2. 現在、在学中で令和3年3月までに卒業が見込まれる者

中等教育学校後期課程専攻科(修業年限2年以上)

  1. 卒業した者
  2. 現在、在学中で令和3年3月までに卒業が見込まれる

特別支援学校専攻科(修業年限2年以上)

  1. 卒業した者
  2. 現在、在学中で令和3年3月までに卒業が見込める者

高等学校卒業

  1. 平成3年3月31日以前に卒業した者
  2. 平成8年3月31日以前に保育科を卒業した者

高等学校卒業+勤務経験

  1. 平成3年4月1日以降に高等学校を卒業後、(保育科は平成8年4月1日以降)児童福祉施設で2年以上児童の保護に従事した者

勤務経験

  1. 児童福祉施設で5年以上、児童の保護に従事した者

受験資格を満たす児童福祉施設とは?(一部抜粋)

受験資格のなかの勤務経験に関しては、児童福祉施設で5年以上、児童の保護に従事した者となっています。

児童福祉施設というのは、以下のような施設のことを言います。

認定こども園 居宅訪問型保育事業
幼稚園 放課後児童健全育成事業
一時預かり事業 家庭的保育事業
小規模保育事業 事業内保育事業
放課後等デイサービス 一時保護施設
障害者支援施設 児童発達支援

*詳しくは保育士試験事務センターへ問い合わせてください。

保育士直前講座【内容】

保育士直前講座の内容は、以下のとおりです。

保育士試験直前講座【日程】

現在、募集受付はしておりません。

保育士試験直前講座【受講料】

受講料 1科目につき5,000円

*ただし卒業生は1科目につき4,000円となります。

保育士試験直前講座【応募先】

Tel 053-489-9191
担当 保育士試験直前講座 担当係
応募先 直前講座の応募はこちら→

保育士試験【受験申請の流れ】

保育士試験を受けるためには、受験申請の手続きをする必要があります。

令和元年度の保育士試験の流れは、以下のようになります。

令和元年保育士試験:後期

受験申請受付 令和2年1月7日〜1月31日
筆記試験受験票 令和2年4月2日〜4月8日
筆記試験 令和2年4月18日・19日
筆記試験結果通知・実技試験受験票 令和2年5月30日〜6月7日
実技試験 令和2年6月28日
合格通知書・一部科目合格通知書 令和2年8月1日〜8月10日

受験申請:注意点

  • 筆記試験が全科目免除の場合は、筆記試験受験票は届きません。
  • 実技試験受験票は、すべての筆記試験科目に合格した場合に届きます。
  • 幼稚園教諭免許状所有者等であれば実技試験が免除されます。

保育士試験【合格通知書】

合格通知書には、4つのパターンがあります。

筆記試験の合格科目がない場合 合格通知は届きません
筆記試験の合格科目が1つ以上の場合 一部合格通知書が届きます
筆記試験をすべて合格したが、実技試験が不合格になった場合 実技試験結果通知書が届きます
筆記試験をすべて合格し、実技試験にも豪合格した場合 合格通知書が届きます

合格通知書:チェックポイント

  • 合格した筆記試験科目は、3年間有効です。(合格した年を含めて)
  • 幼稚園教諭免許状所有者等で、筆記試験・実技試験がすべて免除されている人は、令和2年4月2日〜4月8日の間に合格通知書が届きます。

保育士試験【筆記試験】

筆記試験は、全部で9科目あり例年の出題数は全部で160問程度となります。

出題形式は、例年マークシート方式となっています。

令和2年度:前期筆記試験日程

令和2年度の前期筆記試験の日程は、以下のようになります。

4月18日(1日目)

試験科目 入室時間 試験時間
1科目目 保育の心理学 10:20 10:30〜11:30
2科目目 保育原理 11:50 12:30〜13:00
3科目目 子ども家庭福祉 13:50 14:00〜15:00
4科目目 社会福祉 15:20 15:30〜16:30

4月19日(2日目)

試験科目 入室時間 試験時間
5科目目 教育原理 9:50 10:00〜10:30
6科目目 社会的養護 10:50 11:00〜11:30
7科目目 子どもの保健 11:50 12:00〜13:00
8科目目 子どもの食と栄養 13:50 14:00〜15:00
9科目目 保育実習理論 15:20 15:30〜16:30

筆記試験:注意点

  • 科目ごとに、満点の6割以上をとれば合格になります。
  • 教育原理と社会的養護は、両科目とも満点の6割以上を取らないと合格になりません。
  • 一定の要件を満たしていれば、試験科目が一部免除されます。

保育士試験【過去の合格率】

保育士試験の合格率は、決して高くはありません。

ここ6年の合格率は、なんと10〜20%になっています。

この狭き門を通過するためには、やはり試験対策が重要になります。

過去の合格率

年度 合格率 年度 合格率
平成22年度 11,4% 平成26年度 19,3%
平成23年度 14,1% 平成27年度 22,6%
平成24年度 18,6% 平成28年度 25,8%
平成25年度 17,4%

保育士直前講座【内容】

合格率が低い保育士試験に合格するためには、試験対策が重要になります。

とはいえ、一人で行う勉強には限界や不安がありますよね。

そこでジョブアシストカレッジでは、あなたの不安を少しでも取り除くために保育士試験直前講座を開催します。

保育士試験直前講座【日程】
9:00〜 13:00〜
3月7日(土) 保育原理 子どもの保険
3月14日(土) 保育の心理学
3月21日(土) 社会的養護 教育原理
3月28日(土) 保育実習理論 子どもの食と栄養
4月4日(土) 児童家庭福祉 社会福祉
保育士試験直前講座【受講料】
受講料 1科目につき5,000円

*ただし卒業生は1科目につき4,000円となります。

保育士試験直前講座【応募先・お問い合わせ先】

保育士試験に合格するためには、試験対策が必須です。

とはいえ、一人で行う学習には限界もあると思います。

ジョブアシストカレッジでは、そんなあなたを少しでもサポートしたいと考えています。

保育士試験合格を目指して一緒にがんばりましょう。

保育士試験直前講座【応募先・お問い合わせ先】
Tel 053-489-9191
担当 保育士試験直前講座 担当係
応募先 直前講座のお問い合わせはこちら→