保育

保育士と幼稚園教諭の違いをご紹介!/仕事内容や資格・免許の取得方法(大学・短大・専門・通信)など

ジョブアシストカレッジ編集部
ジョブアシストカレッジ編集部
こんにちは!ジョブアシストカレッジ編集部です。今回は保育士と幼稚園教諭の違いについてご紹介します!

保育の仕事をしたいと思ったときに思い浮かぶのは、保育園や幼稚園ではないでしょうか?

実は、保育園と幼稚園では、法律や管轄、目的などに違いがあるんです

また、保育士になる方法と幼稚園教諭になる方法も違うんです。

保育園と幼稚園の違いとは?

保育園と幼稚園は、一見同じような施設だと思うかもしれませが、法律上ではさまざまな違いがあるんです。

管轄と法律の違い
  • 保育園:厚生労働省の管轄下にあり、児童福祉法にもとづいて運営されている。
  • 幼稚園:文部科学省の管轄下にあり、学校教育法にもとづいて運営されている。
目的の違い
  • 保育園の目的:保育を必要とする乳児・幼児を保護者の下から通わせて保育を行う。
  • 幼稚園の目的:幼児の健やかな成長のために適当な環境を与えて、心身の発達を助長する。
対象年齢の違い
  • 保育園:0歳〜小学校就学前の乳幼児。
  • 幼稚園:満3歳〜小学校就学前の幼児。
保育時間の違い
  • 保育園:保育時間は原則8時間、開所時間は原則11時間となっている。
  • 幼稚園:保育時間は原則4時間となっている。
必要な資格の違い
  • 保育園で働きたい場合:保育士資格が必要である。
  • 幼稚園で働きたい場合:幼稚園教諭の資格が必要である。

このように保育園と幼稚園では、法律上においてさまざまな違いがあるんです。

保育士と幼稚園教諭の仕事内容の違いとは?

では、実際に働く保育士と幼稚園教諭にはどのような違いがあるんでしょうか?

保育士の仕事内容

保育士に求められる役割は、知識や技術、倫理観をもって子供たちの成長を支えること。

そのため保育士は、子供たちが安心して遊べる環境子供たちが夢中で遊べる空間をつくってあげる必要があるんです。

また保育士には、子育てに悩む保護者の成長も支えていく役割も求められます。

保育士は、専門的な知識や生きた知識を活かしながら、ときには保護者の相談に乗りときには適切なアドバイスを行い、子供たちが成長する喜びや子育ての辛さをともに分かち合っていきます。

幼稚園教諭の仕事内容

幼稚園教諭に求めれる役割は、子供たちが成長するための教育環境を整えること。

そのため、幼稚園教諭は、子供たちのもっている可能性を最大限発揮できるようなさまざまな環境を用意する必要があるんです。

幼稚園教諭は、子供たちにとっての遊びの重要性を理解して、子供たちが主体的に遊ぶことができるように多角的に援助し、遊びを通した総合的な指導を行なっていきます。

保育士資格と幼稚園教諭免許の取得方法の違い

保育士と幼稚園教諭に求められている役割が違うのと同様、保育士になる方法と幼稚園教諭になる方法もそれぞれ異なります

具体的には、保育士になるには保育士資格幼稚園教諭になるためには幼稚園教諭免許の取得が必要になるんです。

保育士資格を取得する場合

保育士資格を取得するためには、主に2つのルートを選ぶことができます。

一つ目が、厚生労働大臣が指定する保育士養成学校に入学して、必要な単位を取得し卒業するルート。

保育士養成学校に入学するためには、高校卒業または同等の資格が必要になります。

保育士養成学校の種類
  • 4年生大学
  • 短期大学
  • 専門学校
  • 保育士養成施設

二つ目が、年2回の保育士試験を受験するルート。

保育士試験は、9科目の筆記試験と3科目の中から2科目を選択する実技試験があります。

また、保育士試験を受験するためには、一定の要件を満たしていなければいけません。

保育士試験を受験するための要件
  • 高校卒業または同等の資格
  • 4年生大学卒業(2年以上在籍)で62単位以上修得
  • 短期大学卒業
  • 高等専門学校卒業
  • 児童福祉施設で2年以上の保育経験者

幼稚園教諭免許を取得する場合

幼稚園教諭免許を取得するためには、基本的に1つのルートを選ぶことになりますが、選ぶルートによって3種類の免許を取得することができるんです。

どの免許を取得するにしても、高校卒業または高校卒業認定試験に合格している必要があります。

3種類の幼稚園教諭免許
  • 幼稚園教諭1種免許状
  • 幼稚園教諭2種免許状
  • 幼稚園教諭専修免許状
学校に通って免許を取得する
  • 幼稚園教諭2種免許状を取得する場合は、幼稚園教諭養成科のある専門学校または短期大学(ともに2年)で単位を修了する必要があります。
  • 幼稚園教諭1種免許を取得する場合は、幼稚園教諭養成科のある大学(4年)で単位を修了する必要があります。
  • 専門学校または短期大学で幼稚園教諭2種免許を取得後に、短期大学専攻科への編入または4年生大学に進学して教職課程を修了することでも、幼稚園教諭1種免許状を取得することができます。
  • 幼稚園教諭専修免許を取得する場合には、幼稚園教諭養成科のある大学(4年)で単位を修了した後、大学院に進学し単位を修了することで取得することができます。
通信課程で免許を取得する
  • 幼稚園教諭養成科のある専門学校または短期大学通信課程で単位を取得すると、幼稚園教諭1種免許状または幼稚園教諭2種免許状を取得することができます。
  • 幼稚園教諭2種免許状を取得後大学(4年)に進学して単位を修了することで、幼稚園教諭1種免許状を取得することができます。
  • 幼稚園教諭1種免許状を取得後大学院に進学して単位を修了することで、幼稚園教諭専修免許状を取得することができるんです。

まとめ

保育士と幼稚園教諭には、さまざまな違いがあります。

それぞれの違いを踏まえた上で、保育の道を目指しましょう。

ちなみに、最近では保育アシスタント科という職業訓練があります。

こういったものを利用して、保育士を目指すのも一つの方法です。

こんな記事もおすすめ